2017/10/29

爪は何からできている?爪の成分や構造について解説します!

爪の健康を考える上で爪の仕組みについて知ることが大切です。

 

どういった構造で、どういう過程で生成され、どういった栄養素を必要としているか。爪の基本を知ることで、綺麗な爪へ育てるための土壌が出来上がります。ぜひ、爪のことをもっと深くまで知って日頃の生活習慣を見直してみてください!

 

スポンサードリンク

 

爪を構成する成分

 

爪を構成しているのは、人体と同様に「」と「たんぱく質」です。たんぱく質の中でも「ケラチン」という名のたんぱく質の一種が使われており、爪の主成分であるケラチンは「硬ケラチン」とも呼ばれ、これは髪の毛を構成するたんぱく質と同じものです。

 

爪の水分量は約12%~16%を占めています。水分含有量が落ちると爪がもろく割れやすくなり、その含有量は5%までに落ちることもあります。爪の水分量は乾燥した外気に触れることやマニキュアの除光液を使用することなどによって大きく変動してしまうのです。

 

メインで構成されている、「水」と「たんぱく質」が十分かどうか考えることが、キレイで健康な爪に育てる第一歩です。

 

たんぱく質の摂り方

 

爪を構成している成分はたんぱく質ですから、食事からたんぱく質を積極的に摂取することが大切です。ただ、たんぱく質は体を構成する成分でもあるため、重要度の高い内臓や血液に先に成分をとられてしまいます。爪は体の末端にあるため栄養が届きづらいです。爪にまで栄養を届けるためには、適量を毎日コツコツと摂取しなければなりません。

 

成人であれば体重1kgにつき、たんぱく質1g~1.5g程度の摂取が目安となります。また、筋肉を使う仕事をする方や筋力トレーニングをする方は消費量も多いため、さらに摂取する量を増やさなければなりません。

 

たんぱく質は大まかに分けると、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2つに分かれます。

 

  • 動物性たんぱく質:肉や魚、卵、乳製品、など
  • 植物性たんぱく質:大豆製品、ピーナッツ、ごま、ナッツ、など

 

動物性たんぱく質に関しては、脂身の少ないものを選ぶのがおすすめです。肉は鶏肉や赤身の方が良質なたんぱく質を多く含んでいるため、これらを選んだ方が効率的にたんぱく質を摂取することができます。

 

どちらも爪を構成するうえで大切なたんぱく質ですが、その効果は少し異なります。

 

  • 動物性たんぱく質:弾力のある爪に育てる
  • 植物性たんぱく質:丈夫な爪を作る

 

爪は硬く丈夫でありつつも、衝撃を吸収する弾力性も兼ね備えていることで割れにくくなります。健康な爪を育てるためには、両方のたんぱく質をバランスよく摂取するのがいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

爪のために摂りたい栄養素

 

たんぱく質以外にも爪には必要な栄養素があります。爪を構成するうえでは少ない量かもしれませんが、どれか欠けても爪を構成することはできません。強く美しい爪のために欠かせない微量栄養素について説明します。

 

爪割れと変形を防ぐための栄養素

 

爪の割れを防ぐためには、爪を乾燥させないビタミンAが必要です。ビタミンAは爪を構成するケラチンを作るためには欠かせない栄養素であり、不足すると爪が割れやすくなるのはもちろん、変形してしまうこともあります。また、極端にビタミンAが不足した場合、デコボコした爪が生えてくることも。

 

レバー(鶏か豚)や緑黄色野菜などから豊富なビタミンAを摂取するのがいいでしょう。

 

丈夫な爪にするための栄養素

 

皮膚や粘膜などを強くし、体の外面を丈夫にしてくれるのがビタミンBです。爪も体の外面に位置し、皮膚とよく似た構造をしているため、ビタミンBを摂取することで外気や刺激の影響を受けにくい丈夫な爪をつくることができます。また、爪の細胞を活性化させ、再生を促すためにも欠かせない栄養素です。

 

動物性食品ならレバーやうなぎ、卵や乳製品など。植物性食品ならば大豆製品に多く含まれています。

 

厚みのある爪にするための栄養素

 

爪の厚みがないのなら、鉄分が不足しているのかもしれません。鉄分が不足すると指先に酵素が運ばれなくなり、貧血状態になります。そのため爪の色が白くなり、厚みを作れずに爪が薄くなってしまうことも。さらに欠乏すれば爪は丸みのある形状を保てず、反りかえってしまうこともあります。

 

レバーと大豆製品はもちろん、ひじきやあさり、きくらげ、小松菜にも含まれているため、これらの食品を摂取するといいでしょう。普段から貧血が気になる方はより積極的に摂取しなければ、爪を丈夫にすることはできません。

 

見た目の美しい爪にするための栄養素

 

輝くようなツヤと潤いがあり、ほのかにピンク色にも見える血色のよい爪にするには、ビタミンEを摂取するのが有効です。ビタミンEには血行をよくする働きがあるため、積極的に摂ることで指先まで十分に栄養を届けることができます。そのため爪にまで栄養がいきわたり、健康なだけでなく、見た目までも美しく整えることができます。ビタミンEが不足してしまうと弾力を失ってしまうため、衝撃に弱くなって爪は割れやすくなります。

 

アーモンドや植物油(ドレッシングなど)、カボチャに多く含まれています。

 

爪の構成

 

一言で「爪」とはいっても、医学的には部位によって働きと名称が分けられています。爪はどんな風に構成されているのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

爪は大まかに、以下の6つの構成に分かれます。

 

爪は何からできている?爪の成分や構造について解説します!
引用:http://www.pediglass.com/3=pc/05-howto/02-nailrestore/_image/pdf/nail-kouzou.pdf

 

爪甲

(そうこう)

爪の外側に露出し、目に見えている広い部分です。マニキュアを塗る面とも言えます。

爪が伸び、指から離れた部分を「爪先(そうせん)」と言います。

爪根

(そうこん)

爪の根本の皮膚に隠されている部分です。ここから指先へ向かって成長し、爪が押し上げられていきます。

爪母

(そうぼ)

爪の根本にある爪根部分にあり、「爪母基」(そうぼき)ともいいます。爪の元になる細胞があるため、新しい爪はここから作られています。

爪床

(そうしょう)

爪甲を乗せている、爪と骨の間にある皮膚側部を言います。空気に触れることはなく、真皮より下の皮膚は、爪の一部でありながらも他の皮膚と同じ構造をしています。

爪廓

(そうかく)

爪の側面にあり、爪甲の両側を囲んでいる厚くて固くなっている皮膚のことを言います。

「側爪廓」とも言い、爪を衝撃から守り、爪を支える役割があります。
また、「後爪廓」と呼ばれる部分は爪の根本にあり、新しいできたての爪を保護します。

爪溝

(そうこう)

爪先端の両端を収めている溝状の部分を言います。爪を支える、爪甲の通り道でもあります。

 

爪は断面図にすると三構造に分かれ、上から「最表層」「中間層」「最下層」と呼ばれています。

 

爪は何からできている?爪の成分や構造について解説します!
引用:http://tsume-flat.main.jp/aboutIN_structure.html

 

最表層 爪母から先端に向かって伸びていき、縦横方向に強く結合して面を形成しています。
中間層 前後、横方向の細胞と強く結合し、爪の面に対して斜め方向に面を形成しいくことで爪の構造を強めています。
最下層 細胞同士の結合が強い層ですが、その周辺との結合が弱いため、縦方向のみに走る構造をしています。

表層のケラチンよりも水分が多く、皮膚に近い性質が見られるのが特徴です。

 

爪の作られ方

 

爪の根本にある爪母(そうぼ)で新しい細胞が作られ、細胞が分裂することで爪(爪甲)が形成されています。

 

爪は常に指の上に位置しているため、爪がなくなるということはありません。爪がすり減れば新しい爪が作られるように指令が出され、細胞分裂を繰り返して爪を形成します。

 

また、皮膚や内臓、骨などが古い組織のままではなく、常に新陳代謝によって生まれ変わっていくように、爪も常に古い組織を排出し、新しい組織に作り替える働きを持っています。爪が伸び、根元から新しい爪が生まれてくるのはそのためです。

 

健康な爪であれば、1日約0.1mmずつ伸び、1か月に3~4mmは伸びます。特に足の爪は成長が早く、手の指の爪よりも早く作られる傾向にあります。

 

また、新陳代謝によって成長の速度が変わるため、季節や栄養、年齢によって伸びるスピードには差があります。

 

【おまけ】爪の役割

 

爪は皮膚の付属器官と呼ばれ、その役割は指先を保護するためにあります。指先を衝撃から守るのはもちろん、固い爪で覆うことによって、手の指の腹にかかる力を支えることができ、物を掴むことができるのです。

 

足の爪の場合は、指を覆うことで体を支えています。また、固い爪で指を支えることにより、歩行時に力を入れることができます。爪は手の指、足の指の機能を正常に働かせるために欠かせない役割を持っています。

 

爪のために普段の食生活を意識しよう!

 

ただ指の乗っているだけに見える爪も、細胞分裂を繰り返し常に新しく成長していきます。骨の一種と思っている方が多いですが、たんぱく質です。皮膚などと同じで、しっかりと栄養を取らないと健康を損ねてしまいます

 

健康的に綺麗な爪に育てたいと思っている方は、普段の食生活から見直しましょう。爪に必要な栄養は取れていますでしょうか?爪も体の一部なので、基本となるのは食事なのです。

 

爪に必要な栄養については以下の記事でまとめています。
健康的な爪に育てるために要な栄養と食べ物!

 

ぜひ参考にしていただき、普段の食生活を見直すことで健康的な爪に育てていきましょう!

 

 

スポンサードリンク