2017/12/03

爪噛み癖で深爪になった爪の治し方!自力で綺麗な爪に矯正できます!

深爪を自力で治す方法を紹介していきます。
ネイルサロンに行って矯正してもらうのも一つの手ではありますがお金もそれなりにかかりますし、できることならば自力で治していきましょう!

 

爪を噛む癖の話でよくある「癖を止めましょう」の話では終わらせずに、わりと具体的な手法にアプローチしていますので、ぜひ実践して取り組んでいただければと思います。

 

爪を噛む癖が止まらずに深爪でいる人は、精神面を豊かにししつつ爪も豊かにしていくといった流れですね。(爪が豊かになるから精神面も豊かになるのか。)

 

わたしとしては、2方面から同時に実践していくことをおすすめします。

 

  1. 爪を噛む癖を止める
  2. 爪をキレイに伸ばす

 

爪を噛む癖を克服するのはそれはそれは大変な精神力が必要です。しかし、爪がキレイに戻っている実感が持てれば、爪も噛みたくなくなり相乗効果でどんどん爪が伸びていきます!

 

ぜひ、爪がキレイに伸びていることを実感しながら爪噛み癖を克服してください。
そして克服できたころには、綺麗な健康的な爪があたなの指先にあるはずです。

 

スポンサードリンク

 

爪を噛む癖を止める

 

まずは、爪を噛む癖を止めるための具体的な方法です。

 

爪に何か塗る

 

当サイトでも何度も紹介していますが、トップコートやキューティクルオイルを爪に塗るのがおすすめです。

 

役割としては、爪を噛めなくするためですね。
爪を噛む癖は精神的な問題による部分もたしかに大きいのですが物理的なアプローチも必要で、要するに何かを爪に直接塗ることで噛みそうになったときに違和感を与えることができます。

 

キューティクルオイルに関しては、保湿や栄養を直接与えることもできますので一石二鳥です。

 

おすすめは苦味成分の入っている「かむピタ」と呼ばれるトップコート(マニュキュア)。

かむピタのイメージ画像

 

ギネス級の苦味成分が含まれていて、噛もうとすると苦いです。単純ですが効果が凄いです!

 

噛まなければ詰めだけは伸びます。

 

 

物理的に爪を覆う

 

トップコートでも噛んでしまう。。そんな人向けです。
違和感があっても噛んでしまうなら物理的に噛めないようにしてやろうという荒業です。

 

デメリットは手間がかかることですね。

 

物理的にとはどういうことかといいますと、例えば、以下のような方法です。

 

  • 爪の周りをテーピングで覆う
  • 指サックを5本の指すべてにつける
  • つけ爪をする

 

爪を噛もうとしたときに噛めなくするための方法です。

 

ちなみにネイルサロンで行なってくれる深爪矯正はスカルプチュアと言って、つけ爪に近いようなことを行います。
まずは、ご自身でトップコートであったり、指サック等を試してみるといいでしょう。

 

わたしが試したことあるものまとめています。人前では絶対に見せられないです笑
100均でOK!爪噛み防止グッズで噛めなくしよう

 

スポンサードリンク

 

爪切りの後は注意!

 

これは爪を噛む癖のある人にしか分からないかもしれませんが、爪を切ったあとって無性に噛みたくなります。

 

ちょうど噛みやすそうな爪になっているんですよね。爪を切った後って。

 

爪切りは代表的な例として上げましたが、その他、例えばテレビを見ている時や本を読んでいる時など、自分が爪を噛みやすいタイミングがあるはずです。
そいういう場面では噛まないように特に意識を高めましょう。

 

物理的が一番効果的

 

爪噛み癖を止める方法をわたしも色々試しました。
結果として、物理的に噛めなくする方法が一番効果がありました。

 

人の意思は弱く、目の前の欲求にすぐに負けてしまいます。わたしの精神力が強ければ簡単に止めれたのでしょうが、いくら爪を噛まないように意識しても、気がつくと噛んでました・・・。

 

ですので、噛む・噛まないの問題をも超えた次のステップ、「噛めない」状態が個人的には一番良かったです。
マニュキュアはめっちゃ苦いので、手を口に近づけたくなくなりますよ笑

 

爪噛み癖を克服して治すためのマニュキュア5つを安全性から比較!

 

余談

深爪のなにが問題?

 

ところで深爪だと何が問題なのでしょうか?
別に深爪でもいいじゃんって思ったりしませんか?

 

後半の爪をキレイにする方法の前にちょっと寄り道して爪噛みによる深爪の問題について紹介していきます。
深爪の問題点と治し方を知り、やっぱ「治さなきゃ!」と思ってもらえたら幸いです。

 

子供っぽい

 

指を口に持っていく行為は子供っぽさを連想させます。おしゃぶりしているような感じですね。
子供だったらまだ可愛げがありますが、大人だったら気持ち悪いだけです。

 

ビジネスマンであれば、信用をなくしかねません。
異性から「生理的に無理」の烙印を押されかねません。

 

他人からの評価という意味で考えると、爪を噛む行為に1つのメリットもありません。
ちょっと1つ目から結構辛辣ですね。。

 

異性からどう思われるかのアンケートを取りました。爪噛み癖はデメリットしかないことがよく分かるはずです。

 

爪を噛む男性をどう思う?女性100人の辛口アンケート

 

爪を噛む女性をどう思う?男性100人の辛口アンケート

 

どんどん短くなる

 

次からは体の機能としての問題点です。爪は大事にしましょう。

 

深爪を繰り返すと、爪はどんどん短くなっていきます。最終的にはなくなる人もいます。

 

これは体が頑張って伸ばそうとしているのに反発してどんどん噛むことで、
「これ以上は伸ばさなくていいんだ」と体が学習してしまうからですね。

 

爪を伸ばしたいと思っているなら今すぐ爪噛みを止めましょう。
思いとはうらはらに短くなる一方です。

 

握力が弱くなる

 

爪は握った時の衝撃を外にある爪が保護していると言われています。
あまりに深爪にすると、握った時の衝撃が抜けて力が入らずに握力が低下してしまう可能性があるのです。

 

爪って意外と大事なんですね。

 

めちゃくちゃ痛い

 

爪を切りすぎたり、噛みすぎたりして出血した時に痛みは思い出すだけでも痛いですよね。
爪の裏は毛細血管が詰まっていてとても敏感な部分です。

 

少しでも傷つけると激痛が走ります。
ただ、爪を噛む癖のある人は、痛いより爪を噛みたいの欲求のが勝ってしまうんですよね。。今考えると恐ろしい思考回路してました。

 

病気になるリスクが高い

 

そして、傷口から細菌が入ることによって、
化膿性爪囲炎(ひょう疽)の原因になります。

 

早期であれば、消毒な内服薬で対処できますが、
最悪の場合は爪を剥がす手術が必要になる病気でもあります。

 

もちろん発症した場合は、激痛が伴いますし、深爪が原因で手術なんてやりたくもありません。

 

深爪によって病気なんて・・・と思うかもしれませんが、実際に起こりうる話なんです。

 

スポンサードリンク

 

爪に必要な栄養を摂取する

 

続いて、爪をキレイに伸ばすためのアプローチ方法です。「栄養」と「保湿」を意識するようにしましょう。

 


引用:http://rifare-nail.com/shortnails.html

 

キレイで健康的な爪に戻す(伸ばす)上で重要のが、必要な栄養を摂取することです。

 

爪も体の一部です。爪は健康のバロメーターと呼ばれるほど、体の変化を敏感にキャッチします。十分な栄養が指先まで届くように爪に必要とされる栄養素を意識的に摂るようにしましょう!

 

たんぱく質

 

爪の主成分はたんぱく質です。もう少し細かく言うと、角質を形成するケラチンからできています。
ですので、まずはたんぱく質をしっかりと摂ることが大切です。

 

たんぱく質と言えば、肉、魚、乳製品、卵、大豆製品などですね。
動物性と植物性どちらが良いということもなく、両方をバランスよく食べることが大切です。

 

ビタミン

 

続いてビタミンです。たんぱく質のところでケラチンという話をしましたが、このケラチンを作り出す過程で補助的な役割をはたすのがビタミンB6になります。この他にも爪の生成において重要なビタミンが存在しますので1つずつ見ていきましょう

 

  • ビタミンB2 ・・・ 細胞の再生・成長を促進する効果を持つ
  • ビタミンB6 ・・・ 爪の主成分であるケラチンの生成に関与
  • ビタミンC ・・・ 亜鉛の吸収を助ける

 

ビタミンCの効果は次に紹介する亜鉛の補助的な作用ですね。

 

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、納豆、玉子等に多く含まれ、
ビタミンB6は、レバー、まぐろ、かつお等に多く含まれます。

 

レバーってすごいですね。

 

亜鉛

 

亜鉛もかなり重要な役割を果たす栄養素です。

 

たんぱく質、中でもケラチンが大事という話をしていますが、このケラチンを作るために必要となるのが、亜鉛になります。

 

たんぱく質を摂り、ビタミンB6と亜鉛を摂取しないとケラチンは生まれないのです。ですから必要な栄養素を意識的に摂る必要があるということです。

 

亜鉛は、牡蠣(かき)、うなぎ、牛肉(もも)、チーズ、レバー(豚・鶏)等に多く含まれます。

 

ビオチン

 

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。爪の主成分であるケラチンの合成に必要なコラーゲンの生成を促進してくれます。

 

シリカ

 

シリカはコラーゲンを補助する役割のあるミネラルです。爪の保水力をアップして潤いのある状態をキープできます。

 

爪用のサプリメントがおすすめ!

 

栄養は食事から摂るのがベストですが、料理が苦手なわたしは献立を考えるだけでイライラして爪を噛みそうです笑

 

わたしのように爪は治したいけど、意識して食事を考えるのは面倒くさい・・・って人は結構いるんじゃないでしょうか・・・。
そんな方におすすめなのが、爪に必要な栄養素を盛り込んだサプリメント

 

何の食材にどれくらい栄養が入っているかなんて考える必要がまったくなく、決まった量を暇なときに飲むだけで爪の健康を維持しくてくれます。

 

わたしが飲んでいるのは「Nailly(ネイリー)」と呼ばれるサプリメントですが、ビタミンB、亜鉛、シリカといった爪に必要な成分が十分なほど含まれています。

 

 

結構独特な匂いがあるのですが、飲み続けていると癖になってきます。
飲んだ感想は以下でまとめています。
ネイリー(Nailly)の口コミ評判!粉っぽさが気になるが、効果は実感できる!

 

面倒くさがりな人は、

 

  • たんぱく質は肉や魚から
  • 水分は水から
  • 微量要素はサプリメントから

 

爪噛み癖を克服しながら、綺麗な爪へ。この2つが上手くいくと、爪が伸びていく姿を追うのが楽しくなってくるはずです!Nailly(ネイリー)は、即効性が高いので、一番おすすめの爪用のサプリメントです。

 

「Nailly(ネイリー)」の公式サイトはこちら