ネイルで爪が緑に?爪が緑になる原因と対処方法

爪が緑になる原因

つけ爪などを外すと爪が緑色になっていることがあります。これはグリーンネイルと言われるもので、細菌感染の一種と考えることができます。

 

グリーンネイルは爪が緑色に変わってしまう感染症で、原因は爪の組織にカンジダ菌が感染する爪カンジダ症が元になり、さらにカビの菌が感染していることが原因となります。爪が緑色になる原因となるカビの菌は、日常生活の中にある常在菌ですが、体内の免疫力が低下した時などに病気を起こしたり、何かしらの病気にかかり傷つき爪が常に湿った状態になる場合もグリーンネイルになる可能性があります。ジェルネイルなどを長くしているとツメとジェルネイルの間に溝ができることがあり、水が溜まりやすくなり常に湿った状態になり細菌が繁殖しやすくなります。またセルフネイルをする場合にジェルの密着を良くする工程や消毒などを怠ることでジェルネイルが浮いてしまい菌の繁殖が原因となりグリーンネイルになることもあります。

 

グリーンネイルは痛みなどの症状はありません。ジェルネイルを外して初めて気付くこともあります。基本的にはグリーンネイルは他の人や他のツメにうつることはありませんが、免疫力が落ちている重病者や抵抗力の弱い高齢者は感染の可能性は考えられますが、普通の身体で疲労が溜まっている程度では感染することはないので安心です。

 

グリーンネイルの治療は、自宅で治療する方法と皮膚科で治療する方法があります。自宅での治療は、症状が軽度の状態の場合で、緑色に変色していることに気付いたら、ジェルネイルなどをとり、変色したツメの部分を清潔にし、濡れた状態ではなく乾燥させることが必要です。ツメを清潔にし乾燥することでグリーンネイルは改善することも可能ですが、グリーンネイルの状態が中度から重度の場合は自宅での治療での完治は難しく、ネイルサロンなどでの対応も不可能なので、ジェルネイルをしている場合はネイルサロンで取り除いてもらい早めに皮膚科を受診して治療することが良い選択です。

サイトマップ

ネイルで爪が緑に?爪が緑になる原因と対処方法関連ページ

白色
茶色
青紫
黄色