爪を噛む子供の場合

爪を噛む癖の治し方

子供は親の愛情が欲しかったり、何かしらの欲求不満、退屈を緩和させるために爪を噛む癖を覚えます。

 

親御さんであれば、十分に子供に愛情を注いであげているか、子供が不満に感じていることはないか考えてみてください。
爪を噛む行為が一時的であれば、それで解消されるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

ただし、爪を噛む行為がとなっていた場合は、それだけでは中々解決しません。
ではどうすれば良いのでしょうか。

 

親御さんの中には、子供の爪噛みを何とかしようと厳しく叱ったりする方もいるかもしれません。
でも、これは治し方としては逆効果です。

 

直接的な言い方ではなく、
自然と爪を噛むことを止めさせるように仕向けましょう。

例えば、「爪には汚いバイ菌がたくさんいて危険だよ」と教えてあげたり、爪を噛んでいる時に優しく声をかけ気をそらせてあげるのが効果的です。
もしくはそっと手を繋いであげるとか。

 

子供は親御さんの叱るという行為によって、余計にストレスを感じます。
もし、叱るのであればちゃんと理由を理解させることが大切です。
子供のうちは納得すれば、飲み込みも早いです。

 

とは言っても、爪噛みが癖となってしまっている場合は、中々治すのが難しいのも事実です。
”バイターストップ”という子供用の爪噛み防止グッズがありますので、こちらを使ってみるのも良いかと思います。
⇒バイターストップの詳細はコチラ

 

スポンサードリンク

サイトマップ

爪を噛む子供の場合関連ページ

大人の場合
大人の場合の爪を噛む癖の克服方法を説明致します。
米国皮膚科学会からのアドバイス