爪を噛む癖の克服方法

米国皮膚科学会から爪を噛む癖を治すための6つの指標が発表されました

2015年9月8日、米国皮膚科学会から爪を噛む癖を治すための6つの指標が発表されました。
これまで日の目を見ることがあまりなかった「爪を噛む癖」ですが、ついに表舞台に出てきた感じですね・・・。

 

公式サイト+動画は英語で書かれているので、簡単に日本語訳とともに、少し解説を交えて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

米国皮膚科学会が推奨する爪を噛む癖をやめる6つの秘訣(ヒント)

 

解決策が6つ紹介されています。
1つ1つは大雑把な内容なので、指標として捉えてもらえればいいのではないでしょうか。

 

爪を短くしておく

 

爪を短くしておく

 

爪を短くしておくと、そもそもの噛む場所がなくなりますもんね。
ただ、爪を噛む癖の上級者(?)ともなると、それでも噛めるところ探すものです。

 

それでも、爪が長いよりも短いほうが噛む確率は下がりますよね。

 

爪噛み防止用のマニュキュア

 

マニュキュア

 

当サイトでも紹介していますが、苦味のあるようなマニュキュアを使うといいです。
爪を噛む癖の防止グッズ集

 

アメリカでも類似の商品が発売されているみたいです。
爪に苦味をつけることで、爪を噛むことが嫌なことだと脳に教えこむわけです。

 

ネイル

 

ネイル

 

ネイルでおしゃれをする方法も効果的です。
お金をかけて定期的に爪を手入れしていると爪を噛むのがもったいないと思います。

 

「せっかく綺麗にしたのに・・・。」という思いですね。
なので、定期的にネイルケアをするのも良い方法です。

 



 

別の習慣にする

 

別の癖

 

爪を噛む習慣を別の習慣に変える方法です。
ゴムボールをいじるようにする。など。ガムを噛むなんかもいいかもしれません。

 

原因を知る

 

爪を噛む原因

 

英語ではトリガーと言いますが、イメージは銃の引きがねです。
要するに、爪を噛む原因や状況を把握しましょうということです。

 

原因で言うと、不安がある、イライラしている、など。
状況で言うと、テレビを見ている時、本を読んている時、など。

 

原因はできるだけ取り除くようにして、状況が分かるなら意識的に爪を噛まないようにしましょう。

 

徐々にやめる

 

最後になんとも漠然とした改善方法がきましたが、一気にやめようとする精神的に疲れてしまいます。
そもそも、爪を噛む癖の原因は精神面ですから、精神に負担をかけるやりかたはあまりおすすめしません。

 

自分の無理のないペースで、ゆっくりでいいから徐々にということです。

 

10回に1回でも意識的に噛むのを我慢できたら褒めてあげるくらいの感じでもいいかもしれません。

 

公式:https://www.aad.org/media/news-releases/dermatologists-share-tips-to-stop-nail-biting

 

 

スポンサードリンク

サイトマップ

米国皮膚科学会から爪を噛む癖を治すための6つの指標が発表されました関連ページ

子供の場合
子供の場合の爪を噛む癖の克服方法を説明致します。
大人の場合
大人の場合の爪を噛む癖の克服方法を説明致します。