2017/10/27

【効果すごい】爪噛み癖を本気で治すためにバイターストップを試してみた

バイターストップを持っている

 

直したいと思って、直せないのが爪噛み癖。よほどの強い意思を持って決意しないとすぐに噛んでしまいます。

 

わたしも、幼少のころから爪噛み癖があり、26歳になった今もずっと噛み続けています。いつでも爪はボロボロで爪へのおしゃれなんてしたことがありません。これまでも、「我慢して噛まないようにする!」というチャレンジは何度もしたことがありましたが、続かず・・・。

 

26歳にもなって爪を噛んでいるなんて、恥ずかしいです。
本気で直すために、爪噛み克服のためのマニュキュア「バイターストップ」を試してみました。

 

最初に言っておくと、わたしには絶大な効果がありました!

 

バイターストップをAmazonでチェック

 

スポンサードリンク

 

爪の変化を時系列で振り返る

 

バイターストップを塗りはじめてからの爪の変化を時系列で振り返ります。こうやって振り返ると、我慢してよかったと思えますし、バイターストップを使ってよかったと実感してます。とてもうれしいです。

 

バイターストップ初日

 

バイターストップ初日の左手バイターストップ初日の右手

 

今日からバイターストップ開始です。頑張ってサボらずに毎日塗りたいと思います!

 

バイターストップを使って2週間後

 

バイターストップ2週間後の左手バイターストップ2週間後の右手

 

毎日忘れずに塗り続けたおかげか、白い部分が少し伸びて来ました。
長年の習慣でうっかり噛んでしまうこともありますが、口に入れるとかなり苦いので噛む回数はだいぶ減った気がします。

 

バイターストップを使って1ヶ月後

 

バイターストップ1ヶ月後の左手バイターストップ1ヶ月後の右手

 

相変わらず順調に伸びてます!
が、今週は仕事のストレスもあり、左手の親指と人差し指に噛み癖が出てしまいました。
せっかく上手く行っていたのに残念。
今までは1日1回のペースで塗っていたのですが、塗る回数をちょっと増やそうかなと思っています。

 

スポンサードリンク

 

バイターストップを使って1ヶ月半後

 

バイターストップ1ヶ月半後の左手バイターストップ1ヶ月半後の右手

 

左の親指と人差し指のみ他と比べて短いのですが、以前よりも爪がしっかりし、伸びるスピードが速くなったと感じています。
噛むことはほとんど無くなり、今では口元に指を持ってくる回数もかなり減ってきています。

 

バイターストップを使って2ヶ月後

 

バイターストップ2ヶ月後の左手バイターストップ2ヶ月後の右手

 

人差し指も中指もなんとか我慢できました。バイターストップの効果というよりは意地です笑
他の指は伸びているのに、「ここだけ短いのは嫌だ!」と本気で思うようになれたことが大きな要因だと思います。

 

バイターストップをAmazonでチェック

 

バイターストップの効果

 

実際に使ってみたところ「苦さで噛めないようにする」というよりは「苦さで噛んでいることに気づかせる」というのが目的なんじゃないかと思いました。

 

爪を噛む人は自分でも無意識のうちに噛んでいることがほとんどなので、直すためには爪を噛んでいるというのを認識させるのが何よりも重要です。

 

バイターストップを塗ると「自分がいつ、どのタイミングで爪を噛んでいるのか」を正しく把握できるようになり、それが結果的に爪噛み防止に繋がるのだと考えられます。

 

さらに、本来は爪の表面を保護するための商品なので、長い間噛み続けてもろくなった爪が丈夫になる効果も期待できるのではないでしょうか。

 

爪噛み癖が止まるまでの葛藤

 

わたしの場合、塗り始めてから数日間は苦いと分かっていてもついつい噛んでしまい、なかなか思うように伸ばすことができませんでした。

 

変化が訪れたのは2週間くらい経った頃です。

 

元々10本すべて深爪の状態だったのですが、その中でも「よく噛む爪(親指・人差し指)」と「あまり噛まない爪(中指~小指)」があって、あまり噛まない方はこの頃から爪の先端の白い部分が生えるようになってきました。

 

それから塗り続けていくうちに左手の親指と人差し指以外の8本はまったく噛まなくなり、爪切りで切れる長さまで伸びるようになりました。

 

10本中8本が順調に伸びていく一方で、2本だけ短いのが気になり始め、使用開始から1ヶ月後には左手の親指と人差し指を噛む癖もぴたっと止まりました。

 

今でも時々指周りの皮膚をいじってしまうことはありますが、爪を噛む習慣はほぼ完全になくなりました。

 

諦めずに使い続けてよかったという気持ちが大きいです。

 

毎日塗って爪を観察すること!

 

すぐに効果が出ないからといって、途中で投げ出さずに毎日塗っていたのがよかったんじゃないかなあと思います。

 

今まで自分の爪に注目することってあんまり無かったのですが、バイターストップを塗っている間はどうしても爪を見なければならないので、「今日はたくさん噛んでしまった」「今日はそんなに噛まなかった」と振り返るきっかけにもなりました。

 

特に一度も噛まずに過ごせた日はすごく嬉しかったのを覚えています。

 

なかなか続かないという人は写真を撮ったり日記をつけたりして何らかの形で記録を残すのも一つの手です。

 

バイターストップを初めて舐めた時の感想

 

バイターストップが苦い

 

ほんの少し口に入れただけで、思わずうっとなるような苦味を感じました。

 

事前に口コミなどでかなり苦いということは知っていたのですが、今まで味わったことのない苦さにびっくり…。

 

とにかく苦いの一言に尽きます。

 

しかも舐めた瞬間だけではなく、その後しばらく口の中にイヤな感じが残るのです。

 

詳しく調べてみると、この苦さの原因は安息香酸ナトリウムいう成分によるもので、なんと世界で一番苦い物質としてギネスに登録されているとのこと。

 

あまりに苦いので「もしかしたら体に悪いんじゃないか…?」なんて疑ったりもしましたが、説明書には『お子様などが誤って飲んでしまうのを防ぐための苦味剤で、実際に子供向けおもちゃなどに使用されている実績があり、健康には問題ない』と書かれていて、どうやら人体に影響は無いようです。

 

と言っても大量に摂取するのは良くないらしく、子どもや胃が弱い人は吐いてしまうこともあるそうなので、最初は爪全体ではなく先端だけに塗って様子見する方がいいかもしれません。

 

私は苦味には強いタイプですが、それでも二度と舐めたくないなあとげんなりするレベルでした。

 

スポンサードリンク

 

バイターストップの良かった所

 

効果が出た点が良いのは間違いないとして、バイターストップの商品自体の良かった点についてもまとめておきます。

 

乾くのが早い

 

見た目は透明マニキュアのようなドロッとした液体ですが、かなりの速乾性があり、塗った数十秒後にはもう乾いている状態です。
なので、乾くのを待つ必要がなく、朝あまり時間がない時でもささっと塗って出かけることが出来ます。
塗った瞬間はマニキュア特有のきつい匂いがしますが、乾くとほぼ無臭になるので安心です。

 

効果が長持ちする

 

私は毎朝必ず塗るようにしていましたが、実際のところ塗るのは2日に1回でも十分だそうです。

 

塗ってすぐに剥がれてしまうこともなく、水や石鹸で洗った程度では落ちないので、お風呂に入った後や家事をした後などにわざわざ塗り直す必要がないのがとても楽でした。

 

爪が綺麗に見える

 

バイターストップはトップコートの一種なので、これを塗ると爪の表面がピカピカになり、素爪でいるよりもだいぶ綺麗に見えます。

 

私の爪は長年の噛み続けたおかげで不格好な形になってしまっているので、他人の前ではなるべく手を見せないようにしていたのですが、これを塗っている間はあまり気になりませんでした。

 

色つきのマニキュアみたいに、いかにも何か塗っているという感じではないのが良いと思います。

 

バイターストップの良くないところ

 

逆に嫌だなと感じたところです。

 

取り扱っているお店が少ない

 

爪噛み防止のアイテムの中では使用者が多いにも関わらず、買える場所が限られています。基本的にはネットでしか購入できません

 

ネット通販だと楽天市場やAmazonなどで手に入れることが出来ますが、届くまでに時間がかかるので「今すぐ使いたい」という時にはちょっともどかしいですね。

 

食事がしづらい

 

塗った爪が唇にあたるだけで苦いので、パンやお菓子などをうっかり手づかみで食べるとすごく不味い味がします。

 

私も何度か手づかみでグミを食べてしまい、口の中が大変なことになってしまいました。

 

メリットの方に書いた通り、軽く洗ったくらいでは落ちないので完全に落とすにはネイルリムーバーを使う必要があります。

 

物を食べる時にいちいち気をつけなきゃいけないのは面倒だなあと感じました。

 

塗るだけでは噛み癖は直らない

 

バイターストップはあくまで爪を噛みづらくするものであり、塗ったからといって完全に噛めない状態になるわけではありません。

 

つまり、苦味さえ我慢すれば噛めてしまうのです。

 

塗り始めた当初、私が噛むのをなかなかやめられなかったのもこのせいだと思います。

 

爪噛み癖のある人へのおすすめ度

 

おすすめ度:★★★★

 

本当なら★5つにしたいところ!

 

ですが、人によって向き不向きがあると判断したのとやはりいくつかデメリットもあるということを踏まえて★4つにしました。

 

バイターストップの対象年齢は4歳以上となっているので、子どもの爪噛みを止めさせるために使われることが多いみたいですが、わたしの経験から「大人になっても爪噛み癖が直せない人」にもおすすめします。

 

まず、バイターストップは定期的に(できれば毎日)使い続けることが大切です。

 

子どもだと自分では上手く塗れないことがあるかもしれませんが、大人だとその可能性はゼロに近く、自分が好きなタイミングで塗り直せるのでストレスなく続けやすいと思います。

 

また、私のように幼少期から爪噛み癖がある場合、おそらく「今までに何度か直そうとしたけど挫折した」という人が多いのではないでしょうか。

 

確かに大人になってから爪噛み癖を直すのはとても難しいです。

 

わたしも絆創膏を貼ったりジェルネイルをしたり、一般的に有効だとされている方法はいくつも試しましたが、直りませんでした。

 

というより、絆創膏やジェルネイルは一時的に爪噛みを抑える方法としては良いのですが、爪を噛むのを根本的に防止するわけではないので少し経つとまた癖が出てきてしまうのです。

 

デメリットの項目で述べたように、バイターストップも塗るだけで噛む癖が直る魔法の薬ではなく、完全に直すとなると最終的には自分の意思が必要です。

 

今まで直そうと思いながらもなかなか改善することができなかった人にこそ、ぜひやってもらいたいです!

 

バイターストップ
バイターストップをAmazonでチェック